GO
(一財)海技振興センター
一般財団法人 海技振興センターは、水先人の養成及び確保のための総合的な支援を行うとともに、船舶の運航及びきょう導に関する改善進歩等の事業を行っている一般財団法人です。

当センターは、改正水先法(平成18年5月17日公布)が平成19年4月1日に施行され、新たに創設された水先人の養成制度を含む「新水先制度」へ移行すると同時に、旧(財)日本海洋振興会と旧(財)日本海技協会との統合により財団法人 海技振興センターとしてスタートし、平成26年4月1日に一般財団法人 海技振興センターに移行しました。
 当センター事業の大きな柱である「水先人の養成支援」事業は、近年における日本人船員の大幅な減少に伴う水先人の後継者不足から端を発し、水先制度の大幅な改革により新たに創設された「水先人養成制度」の根幹を支えるものです。

このほか、当センターは、旧2法人から引き継いだ「船舶の運航及びきょう導に関する諸技術の改善・向上等」事業の実施により、船舶交通の安全確保、船舶の運航能率の増進及び海洋環境の保全を図る役割を担っています。
最新情報
  一級水先人養成支援対象者に応募を予定されている皆様へ/操船シミュレータ訓練実施先について - 2021年7月16日

  一級水先人養成支援対象者へのご応募をご検討頂き誠にありがとうございます。
  ホームページにアップしております募集案内をご熟読頂き、応募にあたりましては締切り期日を確認の上、応募に必要な書類等につきましては、条件に従い十分な余裕をもってご準備頂きますことをよろしくお願い申し上げます。
(Webによる応募受付開始は8月上旬を予定しております。)

  また、操船シミュレータを使った訓練を実施している会社についての問い合わせがございます。
  以下の通り記載しておりますのでご自身でご確認下さい。

MOLマリン&エンジニアリング株式会社
    MOLマリン (molmc.co.jp)
株式会社 日本海洋科学
    会社概要 | 海のソリューションコンサルティングカンパニー日本海洋科学 (jms-inc.jp)
一般社団法人 日本船長協会
    一般社団法人日本船長協会 (captain.or.jp)

尚、訓練の詳細、訓練期間、訓練費用等につきましてはご自身でご確認下さい。
当センターは一切関与致しませんことをご承知おき下さい。

一般財団法人 海技振興センター 事務局 

  募集案内公開のお知らせ - 2021年7月5日

今年度も下記添付の通り、水先人養成支援対象者を募集いたします。

2022年度一級水先人養成支援対象者(16期生)=2022年4月入学= 

2021年度二級水先人養成支援対象者(9期生)=2022年1月入学=   

2023年度三級水先人養成支援対象者(16期生)=2023年10月入学=


※尚、弊センターホームページ及び申請システムリニューアル中につき、各級の申請開始は
2021年8月2日(月)を予定しており、新WEB申請ページも同日オープン予定です。

現在の右記リンク先及び「募集案内・応募方法」のページはご使用になれません。
また、添付募集案内に記載がある別紙及び各申請用紙も、上記リニューアル完了後に
閲覧及びダウンロードが可能となります。

 

水先人養成支援対象者
各級申請開始
= 8月2日(予定)=


一般財団法人海技振興センター
〒102-0083 東京都千代田区麹町4-5 海事センタービル5F
TEL.03-3264-3871 FAX.03-3264-3808