GO
水先人養成制度
海技大学校水先教育センター水先養成課程

海技大学校水先教育センターに入学後は、水先人になるために、同センターにおいて所定の教育訓練を受け、国家試験に合格する必要があります。
また、水先人養成課程は、「水先区共通教育」と「水先区個別教育」とに分かれており、先に水先区共通教育を履修することになります。

(1)カリキュラムの概要

商船乗船実習
航海士等で乗船する訓練(新卒者等)
この間、当センターと雇用契約を締結
座学
航海、運用、法規、英語に関する科目等(演習、訓練を含む)を履修
水先人に必要な知識に重きをおいた内容
操船シミュレータ
訓練
マルチキュービクル型操船シミュレータ装置等を用いた実践的訓練
水先関連事業実習
タグボート訓練
船舶代理店見学
マーチス、ポートラジオ等の見学
水先実務修習
各水先区の水先現場における実践・実務的な訓練

一級

座学
3月間
操船シミュレータ
訓練
1.5月間
水先関連事業実習
0.3月間
水先実務修習
3.7月間
8.5月間

二級

座学
5月間
操船シミュレータ
訓練
3月間
水先関連事業実習
0.3月間
水先実務修習
6.7月間
15月間

三級

商船乗船実習
新卒者等:24月間(実乗船1年以上)
航海士経験者:なし
座学
6月間
操船シミュレータ
訓練
5月間
水先関連事業実習
1月間
水先実務修習
9月間
新卒者等:3年9月間
航海士経験者:1年9月間

(2) 水先人になるまでの流れ
水先人養成支援対象者は、水先区共通教育を概ね修了する時期に筆記試験を、また水先区個別教育の実施期間中に口述試験(海図描画に係るものを含む。)を、それぞれ受験することになります。

水先人養成課程

  • 1 養成施設入学
  • 2 水先区共通教育(海技大学校)
    座学・操船シミュレータ訓練等
  • 3 水先人試験(筆記試験)
  • 4 水先区個別教育(各水先区)
    水先実務修習・操船シミュレータ訓練等
  • 5 水先人試験(口述試験)
  • 6 養成施設修了試験
    養成施設修了

水先人免許取得

   ↓

水先人

水先人試験(国家試験)

水先人になるためには、水先人免状を取得しなければなりません。
そのためには、海技大学校 水先教育センターの水先人養成課程修業中に国土交通省が所管している水先人の国家試験に合格する必要があります。

筆記試験(学科試験のみ)を全水先区共通教育が概ね修了する時期に、口述試験(海図描画を含む)を各水先区個別教育の実施期間中にそれぞれ受験することとなります。

受験の申請は、各地の運輸局で受け付けられますので、申込期間・試験日程などは各運輸局へご確認ください。


=特に一級水先人を目指している方々へ=
一級水先人養成支援対象者選考試験に合格された場合、4月に海技大学校 水先教育センターに入学し、その約2か月後の6月に水先人試験(筆記試験)が実施される予定です。
入学後早期に試験が実施されることから、水先人試験(筆記試験)に向けた受験準備を前倒しして開始されることを強くお勧めしています。

一般財団法人海技振興センター
〒102-0083 東京都千代田区麹町4-5 海事センタービル5F
TEL.03-3264-3871 FAX.03-3264-3808